キーワード選定でallintitleを使う意味ある?まずはテクニックよりも記事数を!

目安時間:約 9分

どうも!藤代です。

 

昨日のメルマガではキーワード選定方法について

細かくご説明していきましたが、

なかなかの反響でした。

 

 

 

 

で、その中で似たようなご質問を頂いたので

他にも同じように思っている人がいると思うので、

それについてシェアしますね!

 

 

ご質問は複数の方から頂いたのですが、

今回はTさんのメールをご紹介します!

 

藤代様、いつも参考になるメールをありがとうございます。

 

今日のメールでご紹介されていたキーワード選定について

ご質問がありましたのでメールさせて頂きました。

 

先日藤代様のメルマガに登録した時に配布されたキーワード選定の

マニュアルですがあちらでは最後に[allintitle]を使用されていましたが

今日のメルマガでは[allintitle]を使用していませんでした。

 

[allinititle]を使用する時としない時にはなにか違いがあるのでしょうか?

それとも[allintitle]は毎回使用すべきなのでしょうか?

 

考えても解らなかった為ご質問させて頂きました。

 

(後は秘密の話)

 

 

 

 

ご質問くださったTさんありがとうございました-!

他にもメールをくださったIさん、Mさんありがとうございました!

 

キーワード選定マニュアルってのは、

私のメルマガ登録特典としてお配りしている

キーワード選定レポートのことですね!

 

これね!

⇒URL

(メルマガ登録時の限定品なのでブログでは公開できません)

 

 

忘れちゃった人の為に簡単に説明すると、

allintitleってのはタイトルの中に、

該当してるキーワードが含まれてるサイトのみを

表示させる機能ですね!

 

 

タイトルの中にキーワードを含むサイトが

少なければライバルも少ないので

上位表示狙いやすいよーって話です。

 

 

で、確かにこのレポートでは「allintitle:」を使用して、

ライバルが少ないものを選ぶようにしています。

 

 

でも、昨日のキーワード選定方法を

ご説明した時は使用してなかったので、

そこんとこ実際はどうしたらいいの?

って話ですね!

 

 

で、結論としては、

「やった方がいいんだけど、

あくまでも目安にしかすぎない」って感じです!

 

 

どういうことかというと、

例えばallintitleで調べて10件しかなかったとして、

 

 

「ライバルが10件だぜー!」

「これなら余裕で上位表示出来るぜー!」

 

 

って思って記事を作ったとしても、

その10件のライバルの方がはるかに強かったら

上位表示はされないわけです。

 

 

それどころかタイトルにキーワードを含めてなくても

めちゃくちゃ強いサイトなんてゴロゴロしてますから・・・。

 

 

逆にallintitleで調べて、

ライバルが数百件いる・・・。

 

「これじゃ、上位表示無理だわ・・・」

 

って思っていても、

あっさりと上位表示出来ることもあります。

 

 

結局、記事を投稿しないとわからないですし、

最低限のレベルを抑えて記事をバンバン作っていく事が

稼ぐ為の一番の近道です。

 

 

それに直接的なライバルサイトは上位10サイトだけですから、

そこに無料ブログやQ&Aサイトがあれば

チャンス大!というのは変わりません。

 

 

allintitleの数値がいくらあっても、

上位10サイトがどうなのかが問題ですからね!

 

 

 

今、キーワード選定が苦手で時間がかかってる人は

まずはキーワード選定に慣れるまでは、

 

・Q&Aサイトや無料ブログが上位にあるかどうか?

・検索需要があるかどうか?

 

この2つに集中していれば問題ありません。

無駄に悩んでキーワード選定にかける時間も勿体ないですし、

まずは記事を作るのが大事ですからね!

 

 

 

そこから慣れてきたら、

allintitleをつけて検索してみたり、

ライバルサイトの文字数を見てみたり、

ライバルサイトのコンテンツ量を見てみたりと、

出来ることを増やしていけばいいと思います。

 

 

まぁ、私はallintitleを外注さんにお願いしてる程度ですが・・・。

記事を投稿しないとわからないですし・・・。

 

 

「キーワード選定が大事!」

「キーワード選定をしっかりやらないと稼げない!」

 

 

という人もいますが、

キーワード選定で悩みすぎて、

記事を作れなかったら本末転倒です。

 

 

そこそこのキーワード選定でも

ガンガン記事を作っていった方が

間違いなく稼ぎやすいはずです。

 

それにキーワード選定をめちゃくちゃ勉強してる人でも

100%当てることが出来る人なんていませんからね・・・。

 

稼ぐには記事数が絶対的に必要ですから、

そこだけは間違いないようにしてくださいね!

 

それでは!

 

 

編集後記

 

昨日、e-Book大賞投票の追加特典を

発表しましたが、めちゃくちゃ投票が増えました(笑)

 

 

投票してくださった皆さん、

本当にありがとうございました!

 

 

今日だけで10件以上投票数が増えたので、

これはかなりいい追い上げになると思います!

 

投票期間はあと4日間ですが、

最後の最後まで諦めずに

受賞を狙っていきたいと思います!

 

投票よろしくお願いします!

すでに終了しました

コメントは2件です

  1. 東雲 司 より:

    藤代さん

    初めまして、東雲 司(しののめ・つかさ)です。
    今日初めて、こちらのブログ記事を拝見しました。

    私もAdsenseアフィリエイトをやっており、
    キーワード選定を非常に重要視していますが、
    そのせいで動けなくなるのも問題ですね。

    最初の頃は検索需要と、検索結果の簡単な
    チェックだけで良いというのは、まさしく
    その通りだと思います。

    特に最初の時期は、ひたすら記事数を増やす事に
    集中した方が良いですね。

    応援クリック

    • 藤代 より:

      東雲 司さん

      コメントありがとうございます。
      特に稼げるまでは記事数が
      増えないことには稼ぎようがないですからね!
      ご賛同いただきありがとうございます!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

 

 

はじめまして!

藤代浩司と申します。

 

プロフィールはこちら

えげつない順位ですぜ・・・

カテゴリー
最近のコメント
アドセンスの完全外注化で稼ぐなら・・・